あの日の記憶~広島・長崎より~

文学座女優による朗読公演
あの日の記憶~広島・長崎より~
開催日 2017年7月9日(日)文学座 南 一恵
会場 舞鶴市城南会館 ふれあいホール
開演時間 開場/13:30 開演/14:00
入場料 入場無料
チケット発売
概要

人々の日常を一瞬にして奪い去った原子爆弾。

広島と長崎で、人々は何を想いながら死んでゆき、そして生き抜いたのか。

文学座の女優が語り部となり、「平和への想い」や「命の尊さ」を語り伝えます。

 

演 出 高橋正徳(文学座)

 

朗 読 南 一恵(みなみ かずえ)

プロフィール―

    文学座所属・女優。石川県出身。1971年文学座附属演劇研究所入所、76年座員となる。

    初舞台は、72年「ふるあめりかに袖はぬらさじ」(文学座公演)。

    最近の主な出演作品は、「わが町 可児」 可児市文化創造センター(2011年)、「父帰る/おふくろ」 (12年)、

    「未来を忘れる」 (13年)、「明治の柩」 「あの子はだあれ、だれでしょね-尼崎連続変死事件より-」 (15年)、

    「越前竹人形」 (16年)。

    また、「花嫁のれん」シリーズCX、「篤姫」、映画「黒い雨」などテレビ・映画でも活躍中。

 

【朗読作品】

  中沢啓治・原作 「はだしのゲン」より

  荻野美智子 手記「原子雲の下に生きて」より

  峠 三吉 「原爆詩集」より  ほか

 

●定  員  50名  ※小学生以上対象

 

●お申込み  電話またはファックスでお申し込みください。 (住所、氏名、年齢、電話番号)

 

主催/(公財)舞鶴市文化事業団

後援/舞鶴市、舞鶴市文化協会

坂の上の家

お問合せ 舞鶴市総合文化会館 TEL 0773-64-0880
               FAX 0773-62-4867
ページ上部へ戻る