~朗読劇~楽器生演奏付き「まいづる物語」

『まいづる物語プロジェクト2018』
~朗読劇~楽器生演奏付き「まいづる物語」
開催日
2018年9月1日(土)
9月9日(日)
まいづる物語プロジェクト2018
会場
開演時間 9/1(土) 見樹寺(舞鶴市西96) 開場/13:00 開演/13:30
9/2(日) cafe & bar FLAT+(平野屋) 開演①11:00 ②15:00 ③18:30 
9/4(火) 舞鶴市身体障害者福祉センター サロン ぽーれぽーれ 開演/12:30
9/5(水) 老人ホーム グレイスヴィルまいづる 開演/14:00
9/7(金) 多門院公民館 開場/17:30 開演/18:00
9/8(土) 東図書館 開演/13:30
9/9(日) 舞鶴市総合文化会館 小ホール 出演/15:30~
入場料 入場無料
チケット発売
概要

舞鶴の昔の写真と、その写真にまつわるエピソードや当時の思い出話から、

プロの脚本家である、ごまのはえさんと市民が「まいづるの物語」を創作しました。

写真から掘り起こした、昔の舞鶴の風景や人々の様子を描いた物語を、

楽器の生演奏とともに朗読劇として上演します!!

〈企画・演出〉ごまのはえ

〈脚本〉ごまのはえ、まいづる物語プロジェクト文芸部

〈出演〉ニットキャップシアター、舞鶴演劇サークル谺、一般参加者

〈入場料〉無料、事前申込不要

〈演目〉①「祭りの日」 (作:ごまのはえ)

    ②「嫁入りの日」(作:濱側博美) (続編:ごまのはえ)

    ③「聖火が駆け抜けたこの街で」 ④「映画は続くよいつまでも」 (作:鈴木隆)

    ⑤「輪転」 ⑥「おとうふと夢」 (作:清水めぐみ)

    ⑦「行くぞ!」(作:清水栞太)

    ⑧「笑っちゃダメよ」(作:岩崎幸江)

     ⑨「平野屋商店街と杵と臼」(作:森下弘理)

    ⑩「不器用」(作:浮田隆夫)

 

◆9月1日(土)見樹寺 ~お寺で演劇~お箏と演劇~

 お寺の本堂という神聖な場所で、お箏とクラリネットの生演奏と朗読劇のコラボレーションです!!

〈演奏〉筝:立道明美(筝アンサンブル斗為巾代表)、 クラリネット:稲垣孝(舞鶴クラリネットアンサンブル代表)

〈演目〉「祭りの日」 

 

◆9月2日(日)cafe & bar FLAT+  食事やデザートを食べながら演劇を楽しもう!!(各回定員 20名)

 1回目と3回目の公演は、舞鶴の食材を使った、人気隠れ家シェフお手製の「まいづる物語弁当」 (1,000円)予約受付中!!image1

 ※各回20個限定!!3日前までにお申込み下さい。

  (お弁当の予約 TEL:0773-64-0880 舞鶴市総合文化会館)

 ※ご入場はお弁当予約の方を優先。お弁当の予約の無い方は空席がある場合は

  入場していただけます。その場での注文も承ります。メニューはお楽しみに!)

  2回目は舞鶴の食材を使った手作りデザートあります(予約不要)

〈演目〉①11:00~「不器用」「平野屋商店街と杵と臼」「嫁入りの日」「笑っちゃダメよ」

     ②15:00~「祭りの日」

     ③18:30~「映画は続くよいつまでも」「聖火が駆け抜けたこの街で」「おとうふと夢」

                       「行くぞ!」「輪転」

 【駐車場】お車でお越しの際は、アットパーク舞鶴北田辺(旧市民会館跡)をご利用下さい。

       (有料 入庫後1Hまで100円以降30分50円/24H最大300円)

 

◆9月4日(火)舞鶴市身体障害者福祉センター サロン ぽーれぽーれ

〈演目〉「聖火が駆け抜けたこの街で」「おとうふと夢」「嫁入りの日」「不器用」

pdfぽーれぽーれチラシ

 

◆9月5日(水)老人ホーム グレイスヴィルまいづる

〈演目〉「おとうふと夢」「嫁入りの日」「不器用」「映画は続くよいつまでも」

 ※ほっこりto雑貨 「nanaironokiナナイロノキ」の出張販売あります!!

pdfグレイスまいづるチラシ

 

◆9月7日(金)多門院公民館  朗読劇「追憶13号台風」~よみがえる13号台風の恐怖~

  今から65年前、昭和28年(1953年)の13号台風は、多門院地区に甚大な被害をもたらし、

 小学1年生の男の子と中学生の女の子姉弟の尊い命が奪われました。 

 当時この恐怖を体験した多門院地区の方が残されていた回想録を~楽器生演奏付き~朗読劇として上演します。

pdf多門院チラシ 

 

◆9月8日(土)東図書館   「まいづる物語写真展」との同時開催です。

〈演目〉「平野屋商店街と杵と臼」「笑っちゃダメよ」「映画は続くよいつまでも」「おとうふと夢」「行くぞ!」

pdf東図書館チラシ

 

◆9月9日(日) コミュニティコンサートの第5部(15:30~)に出演

〈演目〉「祭りの日」

pdfまいづる物語チラシ

お問合せ 舞鶴市総合文化会館 TEL:0773-64-0880  Eメール:info@mai-bunka.jp

舞鶴の昔の写真と、その写真にまつわるエピソードや当時の思い出話から、

プロの脚本家である、ごまのはえさんと市民が「まいづるの物語」を創作しました。

写真から掘り起こした、昔の舞鶴の風景や人々の様子を描いた物語を、

楽器の生演奏とともに朗読劇として上演します!!

〈企画・演出〉ごまのはえ

〈脚本〉ごまのはえ、まいづる物語プロジェクト文芸部

〈出演〉ニットキャップシアター、舞鶴演劇サークル谺、一般参加者

〈入場料〉無料、事前申込不要

〈演目〉①「祭りの日」 (作:ごまのはえ)

    ②「嫁入りの日」(作:濱側博美) (続編:ごまのはえ)

    ③「聖火が駆け抜けたこの街で」 ④「映画は続くよいつまでも」 (作:鈴木隆)

    ⑤「輪転」 ⑥「おとうふと夢」 (作:清水めぐみ)

    ⑦「行くぞ!」(作:清水栞太)

    ⑧「笑っちゃダメよ」(作:岩崎幸江)

     ⑨「平野屋商店街と杵と臼」(作:森下弘理)

    ⑩「不器用」(作:浮田隆夫)

 

◆9月1日(土)見樹寺 ~お寺で演劇~お箏と演劇~

 お寺の本堂という神聖な場所で、お箏とクラリネットの生演奏と朗読劇のコラボレーションです!!

〈演奏〉筝:立道明美(筝アンサンブル斗為巾代表)、 クラリネット:稲垣孝(舞鶴クラリネットアンサンブル代表)

〈演目〉「祭りの日」 

 

◆9月2日(日)cafe & bar FLAT+  食事やデザートを食べながら演劇を楽しもう!!(各回定員 20名)

 1回目と3回目の公演は、舞鶴の食材を使った、人気隠れ家シェフお手製の「まいづる物語弁当」 (1,000円)予約受付中!!image1

 ※各回20個限定!!3日前までにお申込み下さい。

  (お弁当の予約 TEL:0773-64-0880 舞鶴市総合文化会館)

 ※ご入場はお弁当予約の方を優先。お弁当の予約の無い方は空席がある場合は

  入場していただけます。その場での注文も承ります。メニューはお楽しみに!)

  2回目は舞鶴の食材を使った手作りデザートあります(予約不要)

〈演目〉①11:00~「不器用」「平野屋商店街と杵と臼」「嫁入りの日」「笑っちゃダメよ」

     ②15:00~「祭りの日」

     ③18:30~「映画は続くよいつまでも」「聖火が駆け抜けたこの街で」「おとうふと夢」

                       「行くぞ!」「輪転」

 【駐車場】お車でお越しの際は、アットパーク舞鶴北田辺(旧市民会館跡)をご利用下さい。

       (有料 入庫後1Hまで100円以降30分50円/24H最大300円)

 

◆9月4日(火)舞鶴市身体障害者福祉センター サロン ぽーれぽーれ

〈演目〉「聖火が駆け抜けたこの街で」「おとうふと夢」「嫁入りの日」「不器用」

pdfぽーれぽーれチラシ

 

◆9月5日(水)老人ホーム グレイスヴィルまいづる

〈演目〉「おとうふと夢」「嫁入りの日」「不器用」「映画は続くよいつまでも」

 ※ほっこりto雑貨 「nanaironokiナナイロノキ」の出張販売あります!!

pdfグレイスまいづるチラシ

 

◆9月7日(金)多門院公民館  朗読劇「追憶13号台風」~よみがえる13号台風の恐怖~

  今から65年前、昭和28年(1953年)の13号台風は、多門院地区に甚大な被害をもたらし、

 小学1年生の男の子と中学生の女の子姉弟の尊い命が奪われました。 

 当時この恐怖を体験した多門院地区の方が残されていた回想録を~楽器生演奏付き~朗読劇として上演します。

pdf多門院チラシ 

 

◆9月8日(土)東図書館   「まいづる物語写真展」との同時開催です。

〈演目〉「平野屋商店街と杵と臼」「笑っちゃダメよ」「映画は続くよいつまでも」「おとうふと夢」「行くぞ!」

pdf東図書館チラシ

 

◆9月9日(日) コミュニティコンサートの第5部(15:30~)に出演

〈演目〉「祭りの日」

pdfまいづる物語チラシ

ページ上部へ戻る